人気の転職エージェントを紹介

転職エージェントは、実際に利用をしてみないと分からないことも多いですが、とてもたくさんの利用メリットがあるのです。転職エージェントのメリットは、転職雑誌やフリーペーパー、ハローワークを使って転職活動を行うよりもはるかにたくさんのメリットがあります。
実際に転職活動を行う手順としては、以下の方法が一般的なものになります。

 

その1:求人情報の中から、自分が採用試験を受けたいとおもう企業を選ぶ
その2:職務経歴書を作って、1次の試験や面接に応募する
その3:2次の試験や面接に備える

 

この3つの工程を、実際転職活動を行う際は、誰もが行っているものだと思います。

 

職務経歴書や面接のポイントが分からない
転職活動が初めてだという方は特にですが、職務経歴書というものがどんなものなのか分からないかと思います。また、面接の場合もどういった受け答えをするのが正解なのか、分からない人も多いかと思います。こういったことは、経験がなければ分からないことなので、心配をしなくても大丈夫です。最近では、インターネットで職務経歴書の書き方や面接のコツなどが書かれていることもありますが、不安になったときは、経験豊富な方から直接アドバイスを受けた方が安心出来るでしょう。何て言っても、経験者からのアドバイス以上に役に立つものはありませんので。
経験者からのアドバイスを受けるためには、転職エージェントに申し込みをして、専属のコンサルタントに付いてもらうことから始まります。コンサルタントの方たちは、日々転職活動をしている人たちと関わって、サポートをしていますので、人並み以上に転職活動の経験値が高いと言えるでしょう。そういった方から、転職活動を行ううえでのアドバイスやサポートをもらうことが出来るのが転職エージェントなのです。
コンサルタントの方たちは、職務経歴書の書き方や、面接のポイントをアドバイスしてくれたり、希望に合った転職先を探してきてくれます。転職雑誌やフリーペーパーでは決して受けることの出来ない、サポートやアドバイスをもらうことが出来るのです。ハローワークなどにはスタッフの方はもちろんおられますが、転職エージェントのコンサルタントのように細かいところまでサポートをしてくれることはありません。
なぜ、転職エージェントではここまでの転職活動のサポートをしてくれるのかと言いますと、それにはきちんとした理由があるのです。
転職エージェントを利用して転職先を見つけると、成功報酬と言われる金銭が転職先の会社と転職エージェントの間に発生をするからなのです。この成功報酬は、年収の3分の1程度が平均的な金額だと言われています。年収が400万円の場合だと、転職エージェントには100万円近くの成功報酬が入ることになります。この成功報酬が転職エージェントの売上になることから、コンサルタントは必死になって転職活動のサポートを行うのです。
こういったシステムがあると知ってしまうと、自分が紹介された転職先は、売上のために適当に紹介されたのではないかと、不安になってしまうこともあるかもしれません。しかし、この成功報酬は、転職をしたあなたが一定期間働き続けないと貰えないような仕組みになっています。この一定期間は1年程度が多いようです。利用者が長く働いてくれないと成功報酬は入ってきませんので、転職エージェント側も利用者の希望に合った転職先を探してきてくれますので、心配は要りません。

 

転職エージェントを利用したときのデメリットとは

・直接応募をする人よりも不利になる
直接応募をする人よりも不利になるとはどういうことかと言いますと、A社の採用面接を受ける際に、あなたの場合は、転職エージェント経由で面接に行ったとします。もう1人あなたと同じレベルの能力がある人が、転職エージェントを経由せずに直接面接を受けにきました。こうなった場合は、転職エージェントを経由して応募したあなたの方が、不利となってしまうのです。なぜ、不利になってしまうかと言いますと、転職エージェントに掲載されている求人情報のほとんどが、採用者が決まった場合、企業から転職エージェントに成功報酬を払う仕組みとなっているのです。ですので、もしも転職エージェントを通して面接を受けたあなたを採用した場合は、A社は成功報酬を
転職エージェント側に支払わなければならなくなります。成功報酬はサイトによっても違うのですが、転職者の年収の35パーセントぐらいが平均だとされています。例えば、年収が500万円だったとすると、その35パーセントの175万円をA社は成功報酬として支払わなければならないのです。もう1人の方の、直接A社に応募をしてきた人は、成功報酬を支払う必要がありませんので、175万円が丸々浮くことになります。同じ能力のレベルであれば、費用が掛からない人の方を採用したいというのが企業側の考えなのです。こういったケースは、頻繁に起こるわけではありませんが、こういった事例もあるということを頭の中に入れておいて頂きたいのです。これ以外には、特にデメリットは考えられません。
転職エージェントを利用する際は、CAとの相性がかなりの鍵を握ります。もし自分の担当してもらっているCAと自分が合わないと感じられたら、担当のCAを変えてもらうことも出来ます。こういったことは、言い出しにくいかもしれないですが、1本の電話やメールで変更出来ることなので、自分の満足いく転職活動をするためには、行わなければならないことでもあります。

 

求人サイトと転職エージェント何が違うの?

求人サイトを利用するメリットは、企業が掲載料を払って求人をサイトに掲載しているだけなので、転職エージェントのように、転職の成功報酬を支払ったりする仕組みが無いということです。ですので、仮に自分と同じ能力レベルの人が、転職エージェントを通して同じ会社に採用の応募をしていたら、求人サイトから応募をしている自分の方が、有利となるのです。また、求人サイトは、CAなどの個別の担当者が付くこともありませんので、自分のペースで転職活動をすることが出来ます。

 

・求人サイトのデメリット
求人サイトのデメリットは、転職エージェントのように、担当のCAが転職活動のスケジュールを管理してくれたり、企業へ直接給料や雇用条件などの交渉を行ってくれることはありません。ですので、これらの雑務を自分で全て行う必要があります。また、企業の詳しい情報や、転職活動のアドバイスをもらうことが出来なかったり、選考結果に対するフィードバックもありません。つまり、転職エージェントのメリットがそのまま求人サイトのデメリットになっているのです。
・非公開求人が非公開な理由は?
雇用条件が良い人気の求人は、数千人単位で応募がある場合もあるようなのですが、非公開求人にすると、転職エージェントがフィルターをかけることが出来るので、質の良い人材を確保することが出来るのです。
公開求人にして、数千人単位の採用面接を行ってしまうと、その分だけコストも掛かってしまいます。ですので、応募が殺到するような人気の求人は、掲載されない可能性が高いのです。

 

・転職エージェントと求人サイトのどちらがいいか?
転職エージェントと求人サイトのどちらを使って転職活動をしたらいいかと言うことは、どちらがいいとはっきりと言うことが出来ません。
自分で会社に雇用条件の交渉が出来たり、就職先のビジョンが強くあるという方、CAに自分のペースを邪魔されたくないという方は、求人サイトを利用して転職活動を行った方がいいかとおもいます。しかし、転職活動をどのようにしたらいいのかが分からないという人や、人からのアドバイスやサポートをうけたいという方は、転職エージェントの方が向いているかと思います。
こういった個人の考え方によって違いがありますので、自分に合った方を活用して、満足のいく転職活動をして頂きたいと思います。
しかし、転職エージェントにある非公開求人は、質が高く良い求人が多いので、自分のキャリアに自信があって、転職後もステップアップをしたいと思われている方は、転職エージェントの方がいいのかもしれません。
どちらを利用したらいいかが分からない方は、最初は両方を利用してみて、どちらが自分に合っているかを確認されてもいいかと思います。

転職エージェントどうして無料で利用できるの?

 

転職を支援するエージェントは求職者に利用料を求めません。それは運営はすべて企業の掲載料でまかなわれているからです。
この掲載料は2形式に分かれます。

 

まず、月額固定費形式です。これは掲載した段階で掲載料が発生します。もう一つは成功報酬形式です。これは掲載時ではなく、人を雇って雇用契約が完了した際に発生するという形です。この月額固定費形式の場合は、説明がなくてもわかりやすいと思うのですが、成功報酬形式は一般的に考えると予想外の報酬が払われる場合もあるようです。

 

例を挙げてみますと、転職エージェントを経由して就職した場合、企業は就職した人の年収の35%程度を転職エージェントに支払うという契約のものがあります。とすると、転職した人の年収が500万の場合なんと175万円程度もの報酬を転職エージェントに支払うことになるのです。かなりの高額ですよね。転職エージェントからすると1人の就職が成功すれば100万円以上の報酬が見込めるのです。
実際就職後すぐに退職されると、企業側としてはなんのメリットもありません。損をするだけになるでしょう。それで就職後3か月〜半年、または1年後に継続して勤務している場合報酬を払うという制度になっています。転職エージェントのサービスが無料と思えないほど充実している理由もわかりますよね。よい情報がもらえたり、面接時のサポートまでしてくれる、親身になって教えてくれるのは就職が成功すれば、かなりの売り上げになるからです。この仕組みなら求職者の意見や希望をもし通さなくても、就職自体が成立すれば売り上げがたってしまうという現状でもあります。
この仕組みを求職者側がよく分かっておけば、ノルマ重視でサポートするキャリアアドバイザーは遠慮なく交代してもらい、本当に親身になって探してくれるキャリアアドバイザーに変えてもらうこともできます。見る目も培えるでしょう。

 

転職エージェント複数社登録

良い転職エージェントに出会えても、担当のキャリアアドバイザー(以下CAと呼んでいます)によって転職活動に大きな差が出てしまいます。「転職エージェントの基礎知識!」の項目をお読みになったならもう理解しておられると思いますが、転職支援サービスを求職者に直接提示してくれるのはこのCAなのです。
実際CAが自分の個性とあわない、またやる気のないCAの場合、転職活動がスムーズにいくわけがありません。
大切なのは転職エージェントだけでなく、このCAのレベルの高さ、また親切な機転の利くCAに出会えるかということもあるのです。
それぞれどのエージェントでも、CAの変更は受け付けてくれるようですので活用しましょう。しかし、1社から選ぶのでは人員も選択肢が少ないわけですし、時間を無駄にしてしまうかもしれません。限界があるでしょう。それで、真面目に転職を考えるなら、賢く利用しましょう。転職エージェントは複数利用しましょう。
転職エージェントですが3社程度は登録しましょう。そのうち自分に合い信頼できるCAが担当になってくれれば、そのエージェントを選び転職活動に身を入れていきましょう。
転職エージェントの中には少ない人数のCAで大勢の求職者の面倒を見ているというケースもあります。そうなれば、必然的に対応が遅いのは予想できます。
こういった面を考えても、複数のエージェントに登録し良いものを探すほうがより効率的だと言えます。
1つの転職エージェントで始めるのではなく、ある程度登録し体験してみてから1社に決めるといった方法で良いでしょう。
最初の業者でよいCAに出会う、就職できるというのは難しいと思ったほうがよいでしょう。

 

 

ハローワークも併用してみよう
転職エージェントを複数利用することに加えて、ハローワークも利用しましょう。
ハローワークの場合、企業が求人する掲載料や成功報酬といった費用は一切発生しません。
それで費用がかかっていない分、担当者からもフラットな感覚で求人を紹介してもらえます。求職者にとっては純粋に就職先を探しているわけですから、特定の会社を積極的に勧めたりする可能性のあるエージェントより信頼できるという一面もあるかもしれません。
転職エージェントは自分の会社の売り上げがかかってきますから、求職者の希望と関係ないところで案件を勧めてこられることも考えられます。CAもノルマを抱えているでしょうから、要望を親身に受け取ってくれず到底受かりそうにない案件であっても勧めてくるかもしれません。
状態が行き詰まってきたと感じるときには、ハローワークなどを利用して客観的に就職の現状を見るのも良いでしょう。